萩焼の解説です。
萩焼(はぎやき)は山口県萩市と長門市で焼かれる陶器をさします。
陶祖は朝鮮渡来の李勺光・李敬の兄弟と伝えられています。
毛利輝元が1604年に萩に入府に際し、勺光が萩市椿東(旧松本村中之倉)に開窯し「御用焼物所」と称し松本萩の礎を築きました。
1657年には分かれて長門市深川湯本の三ノ瀬に深川萩が誕生しました。
この二窯の系譜が現在まで継承されています。
三島手・粉引手・刷毛目・伊羅保など高麗茶碗の影響が認められ、高台に切高台・割高台など切込に特徴が見られます。
土味はざんぐりとした味わいが見られる。

①萩刷毛目茶碗

②刷毛目見込

③高台と土味

現在は、
松本萩の坂高麗左衛門・三輪休雪
深川萩の坂倉新兵衛・田原陶兵衛・坂田泥華
らがそれぞれ開窯以来の伝統を受け継いで焼いておられます。

----------------------------------------
参考文献『やきもの事典』
---------------------------------------

山口県で古道具、骨董品、茶道具の買取りしております。

そのガラクタ捨てるの待ってください!!

眠ったままの古道具・骨董品はございませんか?

きちんと拝見ししっかりと買取ります!!

         ↓↓

ホームページ:https://www.sawa-d-guya.com