唐津焼の解説です。
唐津焼(からつやき)は佐賀県の西部~長崎県一帯にかけて焼かれた陶器をさします。
佐賀県の唐津市、北波多村、伊万里市、相知町、武雄市、塩田町、山内町、多久市、西有田町、有田町、長崎は平戸市、佐世保市、諫早市、波佐見町とかなりの広範囲に窯跡が確認されています。
開窯期には諸説あるようです。その開始は桃山時代前期の天正年間(1573-1592)には行われていたのではないかと考えられています。
それ以後は豊臣候の朝鮮出兵の際に連れて来られた朝鮮陶工が帰化し作陶していったことが大々的に発展していくきっかけになったと考えられています。
桃山時代は茶陶に優品が多く見られます。
作風として以下のようなものがあげられています。
彫唐津、奥高麗、瀬戸唐津、朝鮮唐津、絵唐津、三島唐津、斑唐津、黒唐津、黄唐津、蛇蝎唐津など。

江戸時代前期は桃山様式をおおむね受け継ぎ、中期以降になると銅緑釉に鉄絵を施す二彩唐津なるものが流行し、日常雑器なども焼かれて今日まで続いています。
【唐津焼 現代作家作品】

唐津茶碗 梶原靖元

唐津黒高麗茶碗 岡本作礼

粉引茶碗 矢野直人

 

----------------------------------------
参考文献『やきもの辞典』
----------------------------------------

佐賀県で古道具、骨董品、茶道具の買取りしております。

そのガラクタ捨てるの待ってください!!

眠ったままの古道具・骨董品はございませんか?

きちんと拝見ししっかりと買取ります!!

         ↓↓

ホームページ:https://www.sawa-d-guya.com